インプラントの臨床例と説明(コーヌスタイプのインプラント)

最初の症例は 症例1 S31年生 女性

アバットメント周囲の歯肉は非常に健康的である。 歯肉のピンクな色、出血がない、歯周ポケットが少ない

右アバットメント部の拡大像 1 日 1 回自分で上部構造を外してブラッシング をする。、そのため、良好な歯肉を示している

左アバットメントの拡大像、歯肉の色が良い 上部構造を取り外すことにより清掃が良くできる

上部構造をセットしたところです。セメントレス(セメントで固定しない)のため、上部構造を自分で取り外すことが出来ます。上部構造を取り外して清掃できることは、帽子を取って頭を洗うことと同じです。インプラントは清掃がパーフェクトに出来ることがメンテナンスとして一番大事になります。

上顎のアバットメントの状態 上部構造を外してブラッシング

上部構造をセットした状態である。 自分の歯と同じように良く噛める

 

 

症例2 S.25年生 男性

アバットメント周囲の歯肉は非常に健康的である。 歯肉のピンクな色、出血がない、歯周ポケットが少ない

右アバットメント部の拡大像 1 日 1 回自分で上部構造を外してブラッシング をする。、そのため、良好な歯肉を示している

左アバットメントの拡大像、歯肉の色が良い 上部構造を取り外すことにより清掃が良くできる

上部構造をセットしたところ 本症例は上部構造を自分で取り外したのち、 ブラッシングをする・・・コーヌスタイプ メンテナンス(ブラッシング)がしやすい

上顎のアバットメントの状態 上部構造を外してブラッシング

上部構造をセットした状態である。 自分の歯と同じように良く噛める

下顎の上部構造、取り外しが出来る構造は南里歯科医院のインプラントの特徴

上顎の上部構造、取り外しが出来るのをコーヌスタイプの上部構造という

 

更新日:

Copyright© 志免町の歯医者さんといえば 南里歯科医院(みなみざとしかいいん) , 2020 All Rights Reserved.