子どもの矯正

お子様の歯がガタガタに生えてきてしまった時に、幼いうちから矯正治療をすると、あごの成長を利用して矯正治療を進めることができ、ガタガタを治すために歯を抜いて矯正治療をするリスクが低くなります。また、顔つきのバランスを整えられたり、歯磨きしやすい歯並びになるなど、メリットは盛りだくさんです。そのため当院では、お子様の早期の矯正治療をおすすめしています。

 

小児の矯正治療の流れ

1期治療(幼児期) あごのバランスを整えたり、2期治療で歯を抜かないですむような歯並びをつくることを目指します。この治療のみで2期治療をせずに終わることもあります。
成長観察 身長が伸びている間は、顎も成長します。

この間は、装置をつけずに、永久歯の生え変わりなどのチェックをしていきます。

2期治療(成人期) 身長が伸び終わるころに、最終的なきれいな歯並びをつくっていきます。開始時期の目安は男の子なら中学校3年生頃、女の子なら中学校2年生頃です。

基本的にマルチブラケット装置を使います。

(「矯正装置の種類」のページをご参考ください)

保定治療 綺麗な歯並びを維持する期間です。

 

投稿日:

Copyright© 南里歯科医院 | 糟屋郡志免町の歯医者さん , 2024 All Rights Reserved.